【美容健康マニュアル】公式サイト

正しい洗顔方法をエステティシャンに聞こう

いろいろな新しい洗顔法が世間に飛び交っている。中でも夜はミルクタイプでクレンジングをして拭き取るだけがよいとか、朝は水で洗うだけがよいとか、超マイルド洗顔とでもいえるような洗顔法が、新鮮に聞こえるためか、注目を浴びている。「洗いすぎると肌が乾燥してよくないから」というのがその根拠のようであるが、これは不思議な表現である。「寝すぎ」「食べすぎ」など、どんなものでもすぎればよくないのであって、「すぎる」という言葉自体、もともとよくないという意味を含んでいる。「洗いすぎもよくない」というのは事実だが、だからといって洗わない方がよいというのでは、話がいきなり地球の裏側に飛んでしまっている。それでは「運動しすぎもよくない」から、運動はしない方がよいといっているようなものである。「洗いすぎはよくないから、あまり洗わない方がよい」というのは間違いで、「洗いすぎはよくないから、適度に洗おう」が正解だろう。エステサロンに行けばよくわかると思う。どこに行ってもムダに顔を洗うエステティシャンはいないはずだ。正しい洗顔方法をエステティシャンに聞いてみるのはよいことだろう。

きわめてやっかいな手術

縫合用の糸は体に吸収されるものを使っているので、その時点で取り除くべきものは何もない。最初のころは額を縫合するのに太い糸を使用していたが、それが脱毛の原因にもなることがわかったため、トンネルと糸のシステムを使い、それにより内側ですべてを支えることができるようになった。その技法を発展させたのが生物分解性の、自己吸収式サスペンション装置である。手術が終了したときによぶんな皮膚が少し出るが、それを切ったり縫ったりする必要はない。傷をステープルで閉じるだけでいい。生まれながらに皮膚がもつ弾力だけで、必要な収縮は確実におこなわれる。もうひとつ。眉間にしわがあるが額がたるんではいない場合、手術はきわめてやっかいでる。眉間のしわを消すために額リフトをするのは、ハエ一匹をショットガンで撃つようなものだ。誰かに何かいわれたとしても、その気にならないでもらいたい。額リフトが本当に必要になるまでは、ボトックス注射が完璧な解決策である。

脂肪吸引後にしわ、たるみが出来ることはないのか?

たとえば、患者さんが「脂肪を何リットル吸引してほしい」と要望したとします。しかし、もしその量を吸引することによって、術後のシワやタルミが予想されるとしたら、それはできません。しかし、一般的にいって美容のために行う脂肪吸引は、1回に1リットルが通常で、その程度ならシワやタルミを起こす可能性はまずないと考えてください。人間の皮膚はきわめて弾力性に富んでいますから、その程度の脂肪吸引でシワシワになることはないのです。脂肪吸引の年齢制限脂肪吸引は年をとったらできなくなるのではないかと心配される方もいらっしゃいます。ひとつには、やはり年をとれば、その分吸引後のシワやタルミが心配ということです。たしかに、年をとればとるほど、皮膚の弾力性は失われますから、吸引できる脂肪量が制限されることにもなります。ただし、年をとっているからといって脂肪吸引ができないということはありません。脂肪吸引は技術的には年齢制限はありません。
参考サイト→ 銀座イーストクリニックの脂肪吸引

アメリカ人は美容に関してポジティブ

シェイプアップされた美しいボディはすべての女性の憧れでしょう。ダイエットは、いつの時代も女性の熱い関心を集めています。あなたは今までダイエットにチャレンジしたことがありますか?その結果はどうだったでしょう?ダイエットで失敗するのは、決してあなたの意志が弱いからではありません。従来のダイエットの方法論そのものが間違っているのです。アメリカで美容外科の技術を学んだA氏が、語ってくれました。「アメリカでもっとも印象強く感じたことは、アメリカ人の美容に関するポジティブな姿勢です。“悪いものは治す”これがアメリカ人の基本的な考え方なのです。たとえば、歯並びが悪ければ矯正する。太っているなら、脂肪吸引手術で痩せるという具合に。」

好きな香りを見つける

まずは、自分の好きな香りを見つけましよう。試しにいくつかの精油の香りを嗅いでみます。そのとき、びんを鼻に近づけすぎてしまうと、濃厚すぎて本来の香りがわからなくなるので、鼻から少し離れたところにびんを持っていきます。びんのふたを開けて軽く左右に振って香りを空気に拡散させると、精油本来の香りが感じられるはずです。精油をしみ込ませたコットンや紙がある場合は、鼻に近づけてもかまいません。また、精油の香りを嗅ぐのは一度に3?5種類までにしておくことをおすすめします。一度に多くの香りをかぐと、香りを感じる感覚が鈍ってしまうからです。
参考→ アロマディフューザーのアットアロマ株式会社

メイクで大切なのは道具ではなく技術

メイクで大切なのは道具ではなく技術です。季節ごとに化粧品会社が宣伝している「つけただけで見違えるように」式の魔法のアイテムなんてありません。お金をかけることよりも、ひとつのファンデーションを納得いくまで使いこなす。それがメイクの基本の考え方になります。「若い娘でもないのに、見栄をはってみっともない!」これはどうでしょう。若い娘じゃないからこそ、メイクが必要なんです。ちょっと考えてみてください。まったくのすっぴんで朝からゴミを出しに行ったあなた。隣の奥さんが向こうからやってきます。どうしますか?挨拶もそこそこに、顔を隠して逃げてしまいたい気持ちになりませんか?薄くてもメイクをしていたらどうでしょう。「おはようございます!」と挨拶して、楽しい一日が始められますよね。メイクをしていれば、自信がつく。それは「見栄」でなくて「元気」につながる大切な要素じゃないでしょうか。家庭の中で、お母さんが明るく元気でいることは、とても大切なこと。職場でも同じことでしょう。化粧の意識をぜひこれから変えてください。「ああ、いやだ、みっともないからお化粧しなくちゃ」ではなく、「さあ、メイクして今日も元気にがんばるぞ!」と鏡に向かう。たった十五分のメイクで元気がアップするなんてすばらしいことじゃないですか。そんなあなたのメイクアップを見ていたら、まわりの人も「化粧なんてバカバカしい」とは言わなくなるはずです。それがエイジングケアに繋がっていくのですよ。


【美容健康マニュアル】公式サイト Copyright(C)www.sleepyeyed.net All Rights Reserved.